スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

現在のトレード手法  

今まで何度も手法を変えてきましたが、自分は基本的に水平線を重視しています。
現在は4時間足で水平線を引き、そのライン付近に来たら抜けるのか反発するのかを1時間足や15分足で判断しエントリーします。
判断に使うのはWトップ、Wボトム、ヘッドアンドショルダー等のチャートパターンと、1時間、4時間、日足のMAです。

今週はUSDCADで判りやすいパターンあったのでそれを例にします。
まずは4時間足で水平線を引きます。
USDCADH4.png

今回は青いゾーンに注目してみます。
青いゾーンを上抜ければロング、下抜ければショートで考えます。
どちらに抜けるかを1時間足で判断します。
USDCADH1.png

青いゾーンは1時間足で見れば明確なヘッドアンドショルダーとなっており、高確率で下に抜けると判断できます。
水平線を下抜けたら今度は戻りを待ちます。
戻りのポイントはMAの反発です。
今回は1時間MAにタッチした時点ではまだ水平線まで戻ってきておらず4時間MAまで待ちました。
水平線を少し上抜けましたが、4時間のMAにタッチして水平線を再び下抜けたのでエントリーしました。
ストップはエントリーした山の少し上、リミットは次の水平線となります。
(このトレードでは1時間程で80pips以上の利益が獲得できました。)

スポンサーサイト

Posted on 2017/01/26 Thu. 10:08 [edit]

category: トレード研究

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

FXブログランキング

kingdomのFX会社

kingdomのFX参考書

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

リンク

最新コメント

RSSリンクの表示


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。